【初登場!】

   
年初には地元テレビ番組で紹介させていただき、その後もMONOマガジン等の媒体も
   賑わせている話題の乗り物“e-バイク” 当店にとってそのeバイク第1号となる、
   ミズタニ自転車さんの『Seraph』が、いよいよ入荷しましたっ♪

   
http://www.ch-wish.com/impre/171217/wish-hitorigoto.html
   
http://www.ch-wish.com/okiniiri/171217/wish-okiniirii.html
   
http://www.mizutanibike.co.jp/?allbrand=seraph

 
ミズタニ自転車の『Seraph』ぱっと見は
クロスバイク。

コイツが要のE8080ユニット

   
グラベルロードのフレーム思想を根底に持つ本格フレームに、シマノ製E8080ユニットを
   搭載し、力強い走りを予感させます。構成部品もかなりハイスペックなのに、街に溶け込み
   やすいクロスバイク的なスタイルにまとめることで気軽にクルージングできる、まさに
   羊の皮を被った狼!


 
様々な情報を提供するE6010ディスプレイ

モード切替ボタン

   1回の充電で最長110kmもアシスト走行できる、まさに夢の乗り物デス☆
   数名のお客様とお話していて、「最長110km」と説明すると、「110km走った後はどうなっちゃうの
   ???」と質問されたことがありますが、そこはご心配なく。eバイクも、一般的な電動自転車も、アシスト=
   モーターによる補助が効く累積距離が最長110kmな訳で、アシストは必要ない時は作動しませんし、たとえ
   バッテリーが切れてしまっても普通のクロスバイクと同等の走行はできますので、バッテリー切れで押して帰るな
   どという憂き目には遭いませぬ。

 
本体に直接つないで充電もOK

バッテリーのみ外して屋内で充電もOK
 
あなたのロードより少し重めの車体も、
確実な制動で安心

ドイツのお医者さんが考えたシートなら、
景色に集中できる♪

   
欧米ではすっかり定着した感のあるeバイクですが、日本ではどうでしょうか? 辛く苦しく
   ないと“運動”ではないと考えてしまう、また、そうでないのならやる意味が無いという
   「ゼロorナッスィング」な考えの方が多い日本ですが、便利な機能に助けられることで、
   継続的に身体を動かせるのであれば、そこにはあやかってもいいんじゃない?と僕は考えて
   います。