【∞】

   
サドル・ハンドル・バーテープ・そしてシューズと、身体に直接触れる操作系アイテムで
   不動の地位を築いたイタリアのFizik
(フィジーク)のシューズが大幅モデルチェンジを受けた。
   今日は旗艦モデル『R1インフィニート』のご紹介。


 
ブラック-ブラック。
ブラック-レッドもあります。


ホワイト-ブラック。
レッド-ブラックもあります。

   
“インフィニート”=無限大の意。 シューズのアッパー部BOAダイヤルから延びるケーブルは、
   見事に∞の軌跡を描いているではないかっ♪さらにそのケーブルは、土踏まずのアーチも
   しっかりサポートすることにも機能している。かかと内側には、ノンスリップのイボイボが
   設けられ、かかとのスッポ抜けを防ぐ。


 
旧型(手前)とインフィニートで、
ケーブルの配置が異なる

土踏まずを支える
「ダイナミックアーチサポート」

   目立たないポイントだが、前作のタン部にゴツく存在していた滑り止めのゴムが廃され、
   代わりにしなやかな素材がモデル名と共にセットされた。これで甲高さんでも痛くないだろう。
   この部分の滑り止めが廃せたという事は、それ以外の部分のホールド性が増したという事である。
   つまり∞ケーブルと、かかとの滑り止め効果の高さを表現しているのではないだろうか。


 
かかと内側の滑り止め

ここはかなりミソだと思うのだが♪

   
旧型R1を愛用していた僕も、インフィニートに強い魅力を感じて購入♪
   今から馴染ませれば、来年のハイシーズンはシューズで悩む事は無いでしょう。