【贅沢装備?】

   
もぅね、自転車がアナログな乗り物とか言えないですよ、ハイ。
   
もしかしたら、自動車よりもハイテクな部分もあるかもしれませんよ、エエ。
   
ガーミンのガジェット群の事です。

   
ガーミンのガジェット群
 

   EDGE820J
   
まずはタッチスクリーンGPSサイクルコンピューターの『EDGE820J』から。
   
簡潔に言えば、EDGE520サイズの地図付き、しかもタッチパネル!”です。
   
これまでのガーミンの地図付きモデル「EDGE810J」&「1000J」よりも大幅に軽量な67.7g、
   しかもコンパクト♪地図付きモデルには必須とも言えるタッチパネルを採用する。
   
スゲーのは「事故検出機能」。820Jが落車や衝突などの事故を検知すると、予め登録した緊急連絡先に
   メッセージを送信してくれるのだ。トレーニングやレースに出掛けたアナタをお家で待っているご家族は
   安心されるでしょうー。
   
スマートフォンの着信やメッセージを表示する通知機能を持ち、「晩御飯なににするぅ?」とか、
   「早く帰ってきなさいよ!!!」とかが表示されます。


   
GPSサイクルコンピューター『EDGE820J
 
EDGE820J(左)と
EDGE520J(右)と比較

   
VariaJ Vision
   
近未来感漂うこちらは、お使いのアイウェアに装着できるインサイトディスプレイだ。先にご紹介した
   『EDGE820J』の他、『EDGE1000J』、『EDGE520J』などに対応する。任意に選択した走行データが
   視界内に表示されるため、メーター画面まで頭を動かさなくても、視線の移動だけで読み取れるのだ。
   EDGE本体には地図だけを、細かいデータは『VariaJ Vision』で確認という使い方もできる。
   タッチパネルを採用し、複数ページの切替も容易だ。

   
インサイトディスプレイVariaJ Vision
 
タッチパネルでページめくりを行う

   VariaJ Rearview Radar
   
上記の2つと是非とも併せて使って頂きたいのが、先行して発売されている『VariaJ Rearview Radar』だ。
   パルスドップラーレーダーの特性を利用し、最大8台の自動車やバイクの後方からの接近を、140m手前から
   認識して色と数、到達までのタイミングをEDGE本体のディスプレイ上で警告。この情報はウェアラブル
   ディスプレイ『VariaJ Vision』にも表示されるので、後続車両の接近を、振り返る事なく視線の移動だけで察知、
   画面でタイミングを見計らって目視確認をすれば、無駄に振り返ってフラつく危険を激減させられる。

   
後方監視レーダー
VariaJ Rearview Radar
 
VariaJ Vision』に後方警戒情報を
表示することも可能だ。

   
先日参加した「筑波8時間耐久レース」に早速投入して、その実力を計る。
   
高速走行する集団の中でメーターに目をやる時はいつでもヒヤヒヤだ。たった1秒メーター画面に
   目をやった瞬間に、前方の状況が変わっていることもある。
   
EDGE820J』は、明るく見やすいカラー画面に、必要な情報だけを選択して表示できるので、
   目線を落とす時間は最小限で済む。
   
さらに『VariaJ Vision』を併用することで、メーター画面を見るために頭を下げている時間は激減。
   安全面はもちろん、空力向上にも効果があるのではないだろうか。出走中に天候が急変して
土砂降りの雨
   なった。前走するバイクの後輪が巻き上げる雨水をよけるために右に車身をずらすと、そのまた前の
   バイクからの巻き上げが僕に届く、、、それほどに強い降りだ。これまでならメーターの画面など
   気にする事は出来ない状況だが、今日の僕には『VariaJ Vision』がある。刻々と変化する集団の
   状況を睨みながら、目線を少しずらして“ついでに”メーターを判読。ハンドルに取り付けられた
   『EDGE820J』のディスプレイは雨粒だらけで、とても視認できる状況ではなかった。

   
いずれも贅沢装備ではあるかもしれないが、一度使えばその内容に感嘆して二度と手放せなくなる、、、
   それほどの装備である。